前へ
次へ

不動産買取に関するデメリットとは

不動産買取には、デメリットもあります。
そのひとつに買取価格が安価になってしまう点があげられます。
買取を踏まえての売却となりますと仲介での売却と比較して、価格が落ちてしまう可能性が高いです。
とにもかくにも高水準で売りたいという人にとりデメリットです。
このことがあって、大勢の人は仲介を踏まえての売却成立を目標にします。
しかしながら、価格が落ちることには、原因があります。
まず第一に、リフォームに関する費用は不動産会社が負うということです。
仲介におきましては売主がリフォームし付加価値を付けることで、高い金額で売るのですが、買取に関してはその必要性がないので付加価値相当分の値段は落ちます。
加えて、買取のケースでは、不動産会社は買い入れた後に買取の価格より以上の値付けして売却しなければビジネスになりません。
ですので、可能な限り安い金額で入手したいという考えがあります。
安い値段で売って高い金額で売れれば収益が大きいですので、ビジネス上当然といえます。

Page Top